更新日:2019年07月01日

肉骨粉って使われてるの?

「肉骨粉」あれから18年・・

2001年、日本で初めて狂牛病(BSE)の牛が確認されました。
そして一躍有名になった「肉骨粉」。

狂牛病の感染経路となったことから、牛への肉骨粉使用は現在も禁止されています。
しかし、豚や鶏の肉骨粉は、豚や鶏への飼料として利用することが認められています。

 

 

生体濃縮は大丈夫?

狂牛病のような心配はないのですが、
家畜に使用された抗生物質や飼料の残留農薬などが、
生体濃縮されるのではないかと懸念が残ります。

 

 

秋川牧園は全植物性飼料!

秋川牧園では、生体濃縮にいち早く着目し、世界に先立って鶏の全植物性飼料を実現しました。
肉骨粉を使用しないことで、鶏から人への負の連鎖を断ち切ることに成功。

また、非遺伝子組み換えのPHFコーンも、独自の輸入ルートを確立し、その安全性に目を光らせています。
そして10年前からは飼料米の取り組みに力を入れ、より安心で品質の良い飼料作りを追い続けています。

飼料までもやっぱり
「口に入るものは間違ってはいけない。」

口に入るものは
間違ってはいけない

昭和初期、初代 秋川房太郎がいつも家族に語りかけたというこの言葉は、今この時代までしっかりと受け継がれ、秋川牧園の核をなす信念となっています。

そして今やこの言葉は、社内だけではなく、利用いただく購入者の皆様の心にも浸透しています。

毎日の生活に欠かせない「食」。いのちをつくり、いのちを守る「食」。
それを今一度見つめ直し、あなたの生活、ひいては地球の未来について考えてみませんか?

選ばれる理由

選ばれる理由

生産から加工、そして消費。
“あなたの農園”から“あなたの食卓”に届くまで。
私たち秋川牧園はそのすべてを
全力でサポートします。

おためしセット