更新日:2015年12月07日

丸鶏のさばき方講習会 in広島 を開催しました!

11月27日に広島県のフードコーディネータ、食農連携コーディネーターである平山友美さんにお招きいただき丸鶏の捌き方講習会を開催いたしました。午前と午後に分かれ、午前の部は女性の参加者、午後の部はなんと男性が20人を超えるご参加で大盛況のうちに終了いたしました。

 

午前中は女性が参加しました。

午前中は女性の部で和気あいあいとした雰囲気でした。鶏が出てきたときは興味津々。丸鶏をさばくのは皆さん苦戦されていました。

男性が参加した夜の部には、テレビの取材もありました。

男性が参加した夜の部には、テレビの取材もありました。丁寧にさばこうとする女性に比べ、男性は力技でばらばらにしてしまう方も!!

 

 

 

当日は参加者さんに丸鶏を捌いていただくのもそうですが、平山先生には部位ごとの美味しい食べ方や調理のコツなど教えていただきました。

 

土鍋などの厚めの鍋でお湯を沸騰させ、火を止めてから、そこに鶏モモ肉を入れておくだけ。その名も「鶏のドボン」という料理。茹で上がったモモ肉はいろんなアレンジができます。

土鍋などの厚めの鍋でお湯を沸騰させ、火を止めてから、そこに鶏モモ肉を入れておくだけ。その名も「鶏のドボン」という料理。茹で上がったモモ肉はいろんなアレンジができます。

 

「鶏のドボン」のうえに、熱したごま油をジュッ!とかけたネギをのせて出来上がり。

「鶏のドボン」のうえに、熱したごま油をジュッ!とかけたネギをのせて出来上がり。

 

 

途中30分程 秋川牧園の歴史や食の安心安全に対するこだわりなどお話しさせていただき、内容が盛りだくさんの1日となりました。

当日の参加者さんからは 「秋川牧園のことを知らなかったが、今後は購入してみたい」など嬉しいお言葉を頂いています。平山先生は2月2日に本を出版されるのですが、秋川牧園のお話も掲載して頂いているという事で楽しみにしたいと思います。

 

当日の様子はTSSテレビ新広島「みんなのテレビ」で放送されます。

放送日時は12月8日18:15〜19:00の間で5分程度の放送(広島県でしか観れませんが・・)

 

今回お招きいただきました平山先生、広島市教育委員会健康教育課の山本様、当日スタッフとして参加して戴きました皆さまお疲れ様でした、本当に良い機会を有り難うございました。

秋川牧園が選ばれる理由

昭和初期、初代 秋川房太郎がいつも家族に語りかけたというこの言葉は、今この時代までしっかりと受け継がれ、秋川牧園の核をなす信念となっています。

そして今やこの言葉は、社内だけではなく、利用いただく購入者の皆様の心にも浸透しています。

毎日の生活に欠かせない「食」。いのちをつくり、いのちを守る「食」。
それを今一度見つめ直し、あなたの生活、ひいては地球の未来について考えてみませんか?

選ばれる理由

選ばれる理由

生産から加工、そして消費。
“あなたの農園”から“あなたの食卓”に届くまで。
私たち秋川牧園はそのすべてを
全力でサポートします。

おためしセット