更新日:2017年07月15日

食育ふむふむ ポストハーベスト

収穫後にかける農薬はやっぱり残留しやすいのです。要注意!

安心安全ミニ講座「食育ふむふむ」

こんにちは!食育指導士うっきーです。

食育指導士うっきー西本葉子です!
食育指導士うっきー西本葉子です!

今回のふむふむは、「ポストハーベスト」について。

ポストハーベスト農薬とは、収穫後に使用される農薬のことです。
保存中や輸送中に虫やカビがつくことを防ぐために使用されます。
特に輸入作物では輸送時間が長くかかるため、ポストハーベスト農薬の使用が多くなります。
栽培期間中の農薬も心配ですが、収穫後に使用する農薬は、雨で流れたり太陽光で分解されることもなく、残留が心配です。
輸入の際の検査で、基準値を超える残留も確認されています。

輸入レモン

※イマザリル(防カビ剤) 食品中の残留農薬等の基準値 (公益財団法人 日本食品化学研究振興財団より)
レモン   5.0ppm

秋川牧園がポストハーベスト農薬の問題に取り組み始めたのは、平成元年のことでした。
40日に渡るアメリカでの調査の結果、畜産の飼料主原料であるトウモロコシにおけるポストハーベスト(収穫後)農薬の実態を把握しました。
そして、ポストハーベストを使用せず特別に保管したトウモロコシの分別輸入を、提携先である生協と連携し確立します。
これによりポストハーベスト無農薬トウモロコシ(PHFコーン)が実現しました。
そして、この取り組みは、その後の非遺伝子組み換え飼料の分別輸入にもつながっています。

やっぱり 口に入るものは間違ってはいけない。  ですね。

 

口に入るものは
間違ってはいけない

昭和初期、初代 秋川房太郎がいつも家族に語りかけたというこの言葉は、今この時代までしっかりと受け継がれ、秋川牧園の核をなす信念となっています。

そして今やこの言葉は、社内だけではなく、利用いただく購入者の皆様の心にも浸透しています。

毎日の生活に欠かせない「食」。いのちをつくり、いのちを守る「食」。
それを今一度見つめ直し、あなたの生活、ひいては地球の未来について考えてみませんか?

選ばれる理由

選ばれる理由

生産から加工、そして消費。
“あなたの農園”から“あなたの食卓”に届くまで。
私たち秋川牧園はそのすべてを
全力でサポートします。

おためしセット