更新日:2012年09月05日

「お待ちかね!!全植物性飼料の卵・生産が始まります」

魚粉、肉骨粉、油脂、そして、ふすま、米ぬか等は使用しない特別仕様・・
生体濃縮農薬、放射能について さらに安心安全!!

消費者の皆様の強いご要望にお応えして、秋川牧園特別仕様の新商品として、近く全植物性飼料の「健康鶏卵」の生産を開始します。

 

秋川牧園に対し、全国の熱心な消費者の皆様から、さらに水準の高い安心安全な卵を求めるご希望が多く寄せられていました。

今、農薬や添加物、さらに放射能等が食べ物を通じて生体濃縮するという不安があり、それに対して、全植物性の飼料を与えた健康鶏卵の生産という形でそのご要望にお応えするものです。

 

すでに秋川牧園では、鶏の全植物性飼料について、30年以上前に世界に先駆けて成功させています。

また、秋川牧園の健康鶏肉の生産についても、その主体は全植物性飼料であり、その生体濃縮に対する高い安全性、そして風味の豊かさと自然なおいしさについての高い評価の中でご好評をいただいているものです。

 

鶏は、本来、動物性のエサを与えないと、産卵や増体が激減するという鳥類独特の性質がありました。

そのため、一般の配合飼料には、魚の加工品の残滓等を原料とした魚粉や、畜産物の加工処理の残滓(ガラ、内臓等)を再生利用して原料とする、豚、鶏等の肉骨粉等が使われるのが一般的なところです。

それらは、飼料への再利用という意義をもつものでありますが、一方で、また、生体濃縮による農薬や放射能等への心配につながるものでもあります。

生体濃縮,食物連鎖,ピラミッド

人が作った毒は、めぐりめぐって、人間に返ってきます。

 

食物連鎖による生体濃縮のメカニズム

 

優れた飼料の中味
不安なものは、すべて、除きました!!

 

今回の秋川牧園の全植物性飼料の鶏卵の生産については、魚粉、肉骨粉、動物油脂等、動物性飼料原料を使用しない新しい秋川牧園の専用の飼料を給与するものです。

さらに、一層の放射能安心を確立するため、国内における産地を特定することに難易度の高い米糠、脱脂ぬか、ふすま等については、この全植物性飼料については、当面、確実な国内産地特定が可能となるまでは使用しないことにいたしました。

もちろん、秋川牧園の生産飼料は、すべて、遺伝子組換えしないnon-GMO、さらに風味を増す飼料米も給与します。

この全植物性飼料に使用する飼料米は、すべて秋川牧園グループで栽培する山口県産の飼料米、しかも、秋川牧園の堆肥をしっかり使った・・まさに、地域循環のうれしい飼料米なのです。

なお、産卵鶏の飼料については、もちろん、抗生物質、抗菌剤は含みません。

 

生体濃縮,残留農薬,肉骨粉,農薬,妊婦,生体濃縮 危険

秋川牧園が家畜のえさにまで、安心安全を追及する理由はここにあります。

 

全植物性、自然な風味が魅力です!!
 

全植物性の秋川たまごのもう一つの魅力は、魅力的な自然の風味にあります。

牧草や発酵栄養物を増量して与えることで、さらに、より自然なおいしさをおとどけします。

 

なお、全植物性の秋川たまごは、当初は平飼たまごからその生産を始める予定です。

この全植物性鶏卵がお届けできる日が決まりましたら、スマイル生活のホームページや、秋川牧園/スマイル生活のFBページにてお知らせいたします。

当初は、生産数量に限度がありますので、スマイル生活の会員、そして全国宅配のご利用者の方々に限定供給させていただくことになりますので、どうぞご了承ください。

 

 

                                 以   上

秋川牧園の商品一覧

おためしセット