私たちのビジョン

“ FARM 農ある暮らし ”

私たちは、「FARM」としての進化を続け、消費者と「農ある暮らし」の素晴らしさを共有することで、健康、美味しい、サステナブルな暮らしの新しいモデルをつくります。

農の果たす
重要な役割

持続可能で真に豊かな社会を構想した時、私たちは農の重要性に気づきます。
農業は、私たちに欠かすことのできない毎日の食を供給しています。そして、その食は私たちのよい人生の基盤である「健康」と切っても切れない密接な関係にあります。その食が間違ってしまえば、私たちの健康の維持、そして子どもたちの健やかな成長も難しくなっていくのです。

また、農業とは本来、太陽、水、土、空気などの自然の恵みを、人にとって価値のあるものに変換していく営みであり、サステナブルな社会をつくる上で重要な鍵を握っているのです。

農ある暮らしの豊かさを
みなさんと共に

このように社会と暮らしにおいてベーシックな役割を果たす農業ですが、秋川牧園ではそれに加えて、農そのものに豊かさの源泉があると考えています。
この思いの原点は、昭和初期、初代秋川房太郎が作った中国の秋川農園にまでさかのぼります。農園ではりんごをメインに、鶏、豚、牛、野菜、ワインなど様々な食をつくっており、遊びに来た子どもたちの声がこだまする農園は、仕事だけでなく生活の場としても幸福感に満ち溢れたものであったといいます。

自分や家族が食べる食は自らがつくる。農作物の中からチーズやジャムなどの加工品もつくる。これ以上の新鮮さや安心感はあり得ません。その食卓には農園の四季が映し出され、自然の恵みへの感謝の気持ちが沸き上がってきます。つくる喜びと食べる喜び、そして私たちを包み込む自然とが一体となったもの。それが私たちの目指す真に豊かなライフスタイル「農ある暮らし」です。

FARM

FARM 既存の枠に
収まらない新しいかたち

このように持続可能で真に豊かな社会に向けて、農業には重要な役割、そして大きな可能性があります。しかし、現実の日本の農業は疲弊が進んでおり、そのギャップは広がる一方です。

私たち秋川牧園は、創業以来、理想の農業を追求する中で、既存の農業の枠には収まらない、新しいかたちに進化してきました。
秋川牧園が重視する機能は4つあります。F(Farming 育てる)、A(Add value 価値を高める加工などの機能)、R(Relationship 消費者など様々なネットワークづくり)、そして、M(Management 全体のマネジメント)です。
秋川牧園は「FARM」。持続可能で真に豊かな社会への変革、そして農ある暮らしの素晴らしさの発信に向けて、これからもFARMとしての進化を続けていきます。

私たちのミッション

Mission

私たちは、食と農をホームグランドとして、持続可能で真に豊かな社会への
変革に貢献します。

地球温暖化と多発する自然災害、化学物質による地球汚染、経済格差の拡大など、世界の持続可能性には大きな疑問をもたざるを得ません。また、健康、いのち、心、コミュニティなど、モノの豊かさとは裏腹に今の社会は多くの課題を抱えています。
そのような中で世界中の人々は強い危機感をもち、SDGsや再生エネルギーへのシフトなど、様々なアクションをはじめています。
私たち秋川牧園も、食と農を事業のホームグラントとして、持続可能で真に豊かで社会への変革に貢献していきます。

私たちのチャレンジ
~社会的課題の解決に向けて~

Challenge

持続可能で真に豊かな社会への変革に向けて、秋川牧園が今チャレンジを続けているテーマをご紹介します。

化学物質の汚染の心配のない
健康な暮らしづくり

この100年の間に、実に多くの化学物質が人類によって開発されました。そのことは、多くの利便性をもたらしましたが、一方で、人の健康や地球の生態系に与えるマイナスの影響が大きく懸念されるところです。

秋川牧園は、食料の生産から消費に至るまでの過程において、できるだけ農薬、抗生物質、合成添加物、家庭で使用される日用品類など、できるだけ化学物質の心配のない健康的で、自然と共生できる暮らしづくりに取り組んでいます。

地域循環型で自然と共生する
農業のモデルづくり

まだまだ増加を続ける世界の人口。地球温暖化の進展もあり、長期的には世界全体での食糧不足のリスクが高まっています。

そのような中で、日本の貴重な水田を守り、活用することは大きな意味をもちます。秋川牧園では、2009年から飼料用米の生産と利用に地域の農家の皆さんと取り組んでいます。そのお米を食べさせた鶏からの畜糞を、発酵させた上、また地域の水田に戻していきます。

これは一つの例ですが、太陽のエネルギーを様々な恵みに変えて、地域の中で有効に利用していく。そんな地域循環型の農業モデルを作ることで、世界の持続可能性の向上に貢献していきたいと考えています。

個を活かすネットワーク型の
新しい会社のモデルづくり

ITやバイオなどのテクノロジー、グローバル化、深刻化する環境問題など、ものすごいスピードで変化する現代では、従来の会社のあり方や働き方では、多発する社会的課題に対処することが難しくなりつつあります。

秋川牧園では、一般的な管理手法が通用しない農業の会社ということもあり、創業以来、参加するメンバーの主体性をいかに尊重し、いかに引き出すかを重視してきました。そして、主体性をもった個人がネットワークをつくることで、チームとしての価値創造力を高めていくのです。

私たちの試行錯誤は続きますが、そんな新しい会社のモデルをつくることで、社会に貢献しつつ、いろんな人をハッピーにしていきたいと考えています。

私たちについて

Other Contents